働きながら公認会計士の勉強をする方法|通信講座でキャリアアップ

財務会計のエキスパートに

電卓を使用する人

学習方法のポイント

財務会計のエキスパートとして根強い人気がある公認会計士。公認会計士は企業が公表する財務諸表についてその内容が適正であるかどうかをチェックし、内容が適正である保証をつけることで、その閲覧者が安心できるようにする重要な役割を持っています。公認会計士になるためには短答式試験と論文式試験の両方に合格する必要があり、資格試験の中でも難関試験として知られています。このように公認会計士試験は難しい試験というイメージがありますが、実は財務会計の基本をしっかり押さえておけば十分に合格することが出来る試験であるところに特徴があります。出題される問題の多くは基本から派生した応用問題ばかりですので、公認会計士試験を勉強するに当たっては、基本となる部分をしっかり押さえておくことが大きなポイントとなります。

通信教育の利用が多いワケ

難関試験として知られている公認会計士試験。その試験に合格するためには何といっても財務会計の基本をしっかり押さえておくことにありますが、より効率的に勉強するために近年では通信教育の利用が目立っています。通信教育を利用するメリットは何といっても視覚的にかつ聴覚的に勉強が出来ることです。これはとても重要なことで独学の場合はどうしても参考書とにらめっこするだけでなかなか論点が頭に入りません。通信教育では実際に講師が話していることを目で見て、耳から論点が入ってくるので頭にも入りやすくなります。また、通信教育はいつでも好きな時間に受けられるというメリットもあります。特に社会人にとっては時間が限られていますので、そういった限られた時間内で勉強できる点が魅力として挙げられます。このほか分からないことは質問することで解消できることも大きな利点です。難しい試験に合格するためには基礎の学習と効率的な勉強方法が欠かせません。通信教育はそのアイテムとして多くの人が利用しています。

資格取得の勉強に役立つ

勉強

資格を取得する際の学習方法として人気を集めているのが、通信教育です。自分のペースで学習を進めることができるため、忙しくてスクールに通う時間を作ることができない人も利用しやすいのが人気の理由です。また、通信教育は、時間を有効的に使って学びたい人や、費用を抑えて学びたいと考える人に適しています。

自分を磨く

女の人

通信講座は学びたいことを学んで課題を提出し、添削を受けたり、インターネットを通じて学んだりすることができます。始める時期は関係なく、学びたいと考えればすぐに受けることができます。何かを学ぶことは大切なので、気軽に学べて自分を高めることができるため、通信講座を学ぶ価値は大きいと言えるでしょう。

大学合格への第一歩

履歴書

自分がなぜその学校を志望したかという熱意は、大学側にうまく伝えなければなりません。志望理由書は合否に大きく関わる大切な書類なので、自分の主観だけで書き進めるのではなく、第三者に添削をしてもらうことが合格への第一歩です。